ここでは皮膚としみの治療についてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療

【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療



【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療ブログ:2015年05月09日


ぼくは物心ついた頃から、ママとだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、パパとの関係は全く違う。
ぼくのパパは非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

ぼくが小学生の頃ですら、
パパとはほとんど口をきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
ぼくに対するパパの無関心な態度を当然のように感じていたが、
ぼくも思春期を迎える頃には
そのようなパパの姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、ママに
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

するとママは、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

パパは、ぼくのことが好きではないのだろうか…

学生時代、ぼくは大阪で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あのパパが、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

ぼくはなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

パパがその場を去ったあと、
ママが「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

パパの書斎をこっそりのぞくと、
ぼくが通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
ぼくはなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
娘の姿を見て満足そうに微笑むパパの姿を見て、
ぼくからも父に歩み寄ってみようという気になった。
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療

【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療

★メニュー

【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科
【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)パーフェクト豊胸美容情報ステーション