ここでは神奈川の美容外科についてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科

【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科



【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科ブログ:2018年05月04日


おいらたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えたご飯がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

からだにとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ライス・麺類・菓子パンなどの炭水化物は、
おいらたちのからだの主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
からだの中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
からだの機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
おいらたちのからだをつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
からだの細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
からだの中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えたご飯をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

あさ・14時・夜と
一日3食バランスのよいご飯を心がけましょう。


【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科

【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科

★メニュー

【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科
【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)パーフェクト豊胸美容情報ステーション